【今週の注目銘柄】2022年5月9日~5月13日

投資

どうもこんにちは!毎週、注目の個別銘柄を厳選して発信しているAlmontaです。

日々、私が監視している日本株約300銘柄を毎週末に振り返り、その中から注目銘柄を厳選し、まとめています。

本記事に記載するの内容はこちら

  • 購入する理由
  • 売却した場合、売却理由

私自身もこれを見て振り返り、思ったように値が動かなかった場合、当初に立てた仮設と何が違っていたのか、同じ間違いをしないようにしていきます。

成功よりも、失敗の分析により時間をかけていきます。

一緒に強強投資家になりましょう!

そして”損小利大”で”所得倍増計画”です!

投資は、利益を増やそうとする意識よりも、損失を回避しようとする意識の方が大切

分析は、私が指標としているこちらに基づいて、チャート分析、ファンダメンタルズ分析を行います!

今週一週間の市況

今週の相場を振り返ります。

先週は市場が2日しか開いていなかっため、投稿をお休みしました。

日経平均

3週続けて週末に爆上げする展開となりました。

一時はどうなることかと思いましたが、先週末比は-2.13%と痛いですがまあ軽症で済みました。

マザーズ

先週末比-3.79%と相変わらず下げ続けています。

踏ん張りどころを耐えきれず、2月3月に付けたWボトムを下抜けてしまいました。

相場イベント

5月13日はSQ日でした。

やはりSQは、波乱になるので要警戒ですね!

海外投資家売買動向

出典:TRADER’S WEB

3月の終わりから4月はずっと海外投資家は買い越してきています。

Fear & Greed Index

https://edition.cnn.com/markets/fear-and-greed

「EXTREME FEAR」 であり、歴史的に見てもかなり低い水準です。

完全に弱気相場入りですね!

今週の分析対象選定銘柄

今週は、私の保有する銘柄が多く決算発表をしたのでそれらについて分析していきます。

6563 みらいワークス

9450 ファイバーゲート

9984 ソフトバンクグループ

これだけまとめて決算があると忙しいですね。。

6563 みらいワークス

チャート分析

No.ポイント判定補足
167日平均線上昇×
25日平均線が22日と67日上抜け×
3一目均衡表上抜け×
4パラボリックが上昇×
5ボトムの兆候×
6買いの出来高が売りの出来高を上回っている
7直近6ヶ月間上昇し続けていない
867日移動平均線との乖離率が直近6ヶ月の最高の1/2以下マイナス乖離14%
9日足でMACDが上昇、週足でMACDが0以下から上昇×
10日足RSIが40以下から55抜け、週足RSIが70以下×
11決算発表まで1ヶ月以上ある

ボロボロです。。

日足チャート

直近1年間を表示しています。

ひどいです。

決算発表内容

5月13日の決算で暴落しましたが、結論から先に言うと決算内容は悪くなかったです。

数字だけを見ると、マイナス成長となっておりこれが嫌気されたと考えられますが、

売上は最高を更新しており、利益がマイナス成長となったのは、オフィス移転と株式取得によるものなので、問題ないと判断します。

投資判断

ホールドします。

9450 ファイバーゲート

チャート分析

No.ポイント判定補足
167日平均線上昇
25日平均線が22日と67日上抜け×
3一目均衡表上抜け×
4パラボリックが上昇
5ボトムの兆候
6買いの出来高が売りの出来高を上回っている
7直近6ヶ月間上昇し続けていない
867日移動平均線との乖離率が直近6ヶ月の最高の1/2以下
9日足でMACDが上昇、週足でMACDが0以下から上昇
10日足RSIが40以下から55抜け、週足RSIが70以下週足RSIが50の攻防戦
11決算発表まで1ヶ月以上ある

日足チャート

直近1年間を表示しています。

めちゃくちゃ悪くは無いです。

今からエントリーしようとは思えませんが。。

決算発表内容

こちらは週末の引け後に発表があったので休み明けどうなるかわかりませんね。

出典:決算説明資料

3Qの進捗率が、売上高、営業利益ともに約7割とあまり良くなく、懸念が残る発表内容でした。

今期は、先期に比べ、1Qの業績が良くなかったため、2Qと3Qで挽回し、4Qでプラスに転じる見込みがされています。

しかし、4Qは例年落ち込む傾向にあるので不安が残りますが、最近はWiFi以外の事業で付加価値を高めていることから、利益率を上げられる公算となっているようです。

出典:決算説明資料

不安はありますが、特別悪い発表もなく、一安心といったところです。

投資判断

ホールドします。

9984 ソフトバンクグループ

チャート分析

No.ポイント判定補足
167日平均線上昇
25日平均線が22日と67日上抜け×
3一目均衡表上抜け×
4パラボリックが上昇
5ボトムの兆候
6買いの出来高が売りの出来高を上回っている
7直近6ヶ月間上昇し続けていない
867日移動平均線との乖離率が直近6ヶ月の最高の1/2以下
9日足でMACDが上昇、週足でMACDが0以下から上昇
10日足RSIが40以下から55抜け、週足RSIが70以下週足RSIが50の攻防戦
11決算発表まで1ヶ月以上ある

日足チャート

直近1年間を表示しています。

5月12日の下げは絶望でしたが、翌日13日にまさかの12%の大暴騰。

そろそろ踏ん張ってくれるのではないでしょうか!!

決算発表内容

持株会社投資事業
  • 上場株式等への投資による投資損失2,297億円
  • アリババ株式先渡売買契約決済益を2,000億円
  • Tモバイルおよびドイツテレコムへの投資に係る利益703億円
  • アリババ株式の先渡売買契約に係るデリバティブ関連利益1兆1,330億円
ソフトバンク・ビジョン・ファンド事業
  • 投資損失3兆5,474億円
ソフトバンク事業
  • ヤフー・LINE事業の増加により前期比3.8%増
アーム事業
  • 売上高が前期比43.0%増
  • 株式上場に向けて準備していく
ラテンアメリカ・ファンド事業
  • 未上場投資先の公正価値の増加により投資利益1,111億円
  • 101銘柄を保有
投資判断

巨額の赤字損失による大暴落も、翌日に大幅反発のため、様子見ホールドとします。

ポートフォリオ

今週も売買無しでした。

このブログを始めてからのポートフォリオはこちらになります。

コード銘柄名取得日取得価額時価評価損益率次回決算発表今週の新たなニュース
9450ファイバーゲート2022/03/181,2451194-4.10%8/13頃上記
7370Enjin2022/03/222,9702701-9.06%7/14頃なし
6563みらいワークス2022/04/04770622-19.22%8/13頃上記
9984ソフトバンクグループ2021/11/116,3815040-21.02%8/12頃上記
3091ブロンコビリー2021/03/192,4672325-5.75%7/15頃なし

全部マイナスです。。涙涙涙

今週は以上になります。また来週楽しみにお待ちください。!

コメント

タイトルとURLをコピーしました