VScode 絶対覚えておくべきショートカットキー

git・インフラ・環境構築

VScodeのショートカットキーについて、絶対に覚えておくべきものだけに絞ってまとめました。

もともとmacユーザーの私が、仕事の都合上、WindowsPCへの切り替えが必要になり、その際に戸惑ったのでまとめることにしました。

ショートカットキーまとめ表示

Ctrl + K, Ctrl + S

ここで全てのショートカットを確認できる。

行選択

Windows : Ctrl + L

mac : Command + L

行の削除

Windows : Ctrl + Shift + K

mac : Command + Shift + K

行移動

Windows : Alt + ↑ または Alt + ↓

mac : option + ↑ または option + ↓

カーソルをその行の文字の先頭に移動

Windows : Shift + Home

mac : Shift + Command + ←

カーソルをその行の文字の末尾に移動

Windows : Shift + End

mac : Shift + Command + →

単語の括りでカーソルを移動

Windows : Ctrl + 左右矢印

mac : Option + 左右矢印

単語の括りで削除する

windows : カーソルを単語の末尾に移動し、Ctrl + BackSpace
カーソルを単語の先頭に移動し、 Ctrl + Delete

mac : カーソルを単語の末尾に移動し、Option + BackSpace
カーソルを単語の先頭に移動し、 Option + Fn + BackSpace

行を下にコピー

Windows : Shift + Alt + ↓

mac : Shift + Option + ↓

エディタからターミナルへの移動

これは設定されていないので設定が必要

設定方法はこちらにわかりやすくまとめられていました。

VSCode内でエディターからターミナルへ移動するショートカットキーを設定しよう【Windows】
どうも上かるびです。今回はVSCode内でエディター画面とターミナル画面を行き来するショートカットキーを設定する方法を共有します。この記事を読むのに向いている方 VSCode内のgulpやwebpackをターミナル上で動かしている方 W

この設定により、

Windows : Ctrl + T

Mac : Command + T

ターミナルからエディタへの移動

Windows : Ctrl + 1

Mac : Command + 1

タブの切り替え

VScodeのキーボードのショートカットの設定内での名前は、

Windows

以前のエディターを開く Ctrl + Page up

次のエディターを開く Ctrl + Page down

mac

以前のエディターを開く Option + Command + ←

次のエディターを開く Option + Command + →

これを共通にする場合、Windowsではショートカットキーに矢印を指定できないため、macに合わせられないのでWindowsに合わせる。

がしかし、macにはPage up、Page downなんてキーは無いのでこちらに合わせる事もできない。

マルチカーソル

複数行に同時入力

Windows : CtrlAlt + 上下矢印

mac : Command + Option + 上下矢印

同じ単語の複数選択

一括で編集ができる。

Windows : Ctrl + D

mac : Command + D

番外

バックスラッシュ\入力

mac : Option + ¥

ウィンドウを画面半分に整列する

Windows : Windowsキー + ←,Windowsキー + →

コメント

タイトルとURLをコピーしました