amplify pushのpush先確認方法

amplifyでdev, staging, testなど、複数の環境を作ることがあると思います。

ローカルからpushをする際に、どこの環境にpushするかを事前に確認しないと、間違った環境にpushするとアプリに予期せぬ変更が加わってしまいます。

そのために、push先を確認しましょう。

コマンドはこちら

$ amplify env list

結果
| Environments |
| ------------ |
| dev          |
| staging      |
| *test        |

この中の*がついている環境がpush先になります。

環境を切り替える場合

$ amplify env checkout 切り替え先の環境名

バックエンドの状態確認方法

$ amplify status

これで、バックエンドが構築されているかどうかの確認が出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました