【Python】VScodeでのPythonの実行方法

Pythonを始めるためのまず最初のステップである、Pythonファイルを実行するまでの手順をまとめました。

VScodeでPythonを使用するための事前準備

Pythonを使用するためには事前準備として以下の2点が必要です。

  1. Anacondaをインストールする
    これにより、Pythonに必要なパッケージを一括でインストールします。
    一般的には、プロジェクトごとに環境を作るので、先にAnacondaで環境を作りますがデフォルトでbaseになっているので一先ず作らなくてもOKです。
  2. VScodeで「Python」Extention(拡張機能)をインストールする
    これにより、補完やdebugができるようになり便利です。

Pythonをローカル環境で実行する

環境が整ったので以下の手順でローカル環境で実行をしていきます。

  1. VScodeを起動する
  2. 新規ファイルを作成し、.py形式で名前を付ける
  3. 作成したファイルにpythonコードを記述したら、ファイル内で右クリックし、「Run Python File in Terminal」を選択

これで、このPythonファイルが実行されます。

ショートカットキーで実行する場合は、command + A で全てを選択したあと、shift + Enter で実行

Pythonファイルの実行例

test.pyというファイルを作成し、以下の記述をした場合、terminalには「Hello Python」と出力されます。

print('Hello Python')

起動状態を停止する

実行環境の停止は、control + D

PythonをDocker環境で実行する

先程はローカル環境での実行を行いましたが、仮想環境であるDockerで実行する場合も見ておきましょう。

Dockerを使うための事前準備

Docker Desktopをインストール

以下の公式ページよりDocker Desctopをインストールします。

Docker Desktop - Docker
MOST COMMON
コンテナの作成と起動

コンテナの作成に必要なDockerfileを作成しておきます。
※作成方法の詳細は本記事では割愛します。

作成したコンテナを起動するコマンド

$ docker-compose up --build -d
VScodeに必要な拡張機能を追加

以下2つの拡張機能を追加します。

  1. Remote – Containers
    これにより、Dockerのコンテナ内でVScodeを開くことができるようになります。
  2. Docker
    これにより、VScodeでDockerを扱えるようになります。

Dockerを起動

すると、新しいVScodeが開きます。

これがDocker環境で起動されたものになります。

環境設定

起動されたVScode上にローカル環境で行ったのと同じように、「Python」Extentionをインストールします。

「Open Folder」より、workspaceフォルダを開き、その中にPythonの.pyファイルを作り、ローカル環境で行ったときと同じようにファイルを実行します。

これでDocker環境でのPythonの実行は完了です。

以上、お読みいただきありがとうございました。

コメント