【GraphQL】超基本

データベース

GraphQLとは

APIで使用するための問い合わせ言語

主な3つの特徴
  1. 必要な情報を必要なだけ要求できる
  2. 一度のリクエストで関連データをまとめて取得できる
  3. データの型が定まっているため挙動が安定する

RESTとGraphQLの違い

REST
  • リクエストに応じてリソースごとのエンドポイントを切り替える。
  • 常に決まった形式のデータを返す。
GraphQL
  • エンドポイントは1つ
  • 取得できるデータの構造がフレキシブルで、必要なフィールドのみを指定してサーバーから受け取ることができる

用語の説明

エンドポイントとは?

一言でいうと接続先のことで、 特定のリソースに対して与えられた固有の一意な URIのこと 。

URIとは?

Uniform Resource LocatorのイニシャルでURL(Web上の住所)とURN(Web上の名前)で構成されている、2つの総称。

コメント

タイトルとURLをコピーしました